正論

中国重視でも「抗中」が必要だ 防衛大学校教授・神谷万丈

会談に臨む中国の王毅国務委員兼外相(左)と菅義偉首相=11月25日午後、首相官邸(春名中撮影)
会談に臨む中国の王毅国務委員兼外相(左)と菅義偉首相=11月25日午後、首相官邸(春名中撮影)

 日中関係の安定は重要か。国際問題の専門家なら、ほぼ全員がイエスと答えるだろう。11月24、25日に中国の王毅国務委員兼外相が日本を訪れた際、会談した菅義偉首相、茂木敏充外相、加藤勝信官房長官が、いずれも日中の安定した関係が地域と国際社会にとって重要だと強調したことに、異を唱える向きも少なかろう。

 ≪日本外交の究極的目標は≫

 確かに日本にとって、地理的に近接する世界第2の大国との間で良好な関係を安定的に保てるならばそれにこしたことはない。新型コロナが猛威を振るい続ける中で、日中という世界有数の大国が協調できれば、アジアと世界にも多くの貢献ができるだろう。加藤官房長官は王氏に対し菅政権が日中関係を重視している旨を伝えたというが、むべなるかなと思う。