正論

米国民の分断解消に必要なこと 九州大学教授・施光恒

米ホワイトハウスからニューヨーク州に向かうトランプ大統領=2020年12月、ワシントン(ロイター) 
米ホワイトハウスからニューヨーク州に向かうトランプ大統領=2020年12月、ワシントン(ロイター) 

 ≪背景にある大衆の疎外感≫

 トランプ氏に関する最近の米国や日本の大手マスコミに載る論評や報道を見ていると違和感ばかりを覚える。米国社会の分断をいっそう深め、民主国家・米国の土台を揺るがせ、ひいては東アジアの安定を損なうものではないか。

 大半の論評や報道は以下のようなものだ。米国民の分断を煽(あお)ったのはトランプ氏である。今月6日に議事堂への乱入が生じ、死者が出たのはトランプ氏のせいだ。だから弾劾されて当然だ。トランプ氏や支持者の言論をツイッターなどが規制するのも仕方がない。