正論

「CO2ゼロ」は亡国の危機だ キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

2020年8月、国際宇宙ステーションの軌道上で撮影された、北米大陸の沖合を通るハリケーン「ローラ」(NASA提供)
2020年8月、国際宇宙ステーションの軌道上で撮影された、北米大陸の沖合を通るハリケーン「ローラ」(NASA提供)

 従前は地球温暖化問題といえば環境の関係者だけに限られたマイナーな話題にすぎなかった。だがここ2、3年で一変した。急進化した環境運動が日米欧の政治を乗っ取ることに成功したからだ。

 いまや環境運動は巨大な魔物となり、自由諸国を弱体化させ、中国の台頭を招いて、日本という国にとって脅威になっている。この深刻さを、国家の経済・安全保障に携わる全ての方々に認識してほしい。一体何が起きているのか。