正論

『国家公務員諸君』自信と誇りを 日本財団会長・笹川陽平

日本財団会長 笹川陽平
日本財団会長 笹川陽平

 新型コロナウイルスの感染拡大はいつ収束するのか、依然、先行きは不透明だ。しかし、コロナ後に国内総生産(GDP)の2倍超にも膨れ上がった財政赤字や疲弊した国内経済をどう立て直すか。かつてない難問が待ち受けているのは間違いない。楽観論者である筆者もさすがに不安を感じる。

 ≪『国家崩壊の前兆』?≫

 国難を乗り切るには国を挙げた取り組みが必要である。とりわけ霞が関官僚の専門知識、政策立案能力に期待したいと思う。敗戦後の日本が奇跡とまで言われた高度成長で復活した背景には優秀な霞が関官僚の力があった。