正論

国の名誉を守る「国旗損壊罪」を 国士舘大学特任教授 日本大学名誉教授・百地章

はためく日本国旗、日の丸
はためく日本国旗、日の丸

 8国会も経ながら、立憲民主党による反対のための反対に押されて、自民党は未(いま)だに憲法改正国民投票法改正案の採決に踏み切れないでいる。良識ある国民を信じ、自民党は今こそ憲法審査会規程に従って粛々と裁決を行うべきだ。そして国民の審判を仰げ。

 ≪憲法改正への第一歩として≫

 現在改憲の焦点となっているのは「緊急事態条項」や「自衛隊の憲法明記」だが、それ以外にも主権独立国家の再建のため必要と思われる改正点は多々ある。その一つが「国の名誉」を守る規定だ。