昭和天皇の87年

天皇の車列に爆弾を投げた朝鮮人活動家 「しかし陛下は…」

若槻礼次郎内閣の総辞職を受けて首相となった犬養毅(画=井田智康)
若槻礼次郎内閣の総辞職を受けて首相となった犬養毅(画=井田智康)

第97回 桜田門事件

 昭和6年12月12日、満州事変で関東軍の手綱を引けなかった若槻礼次郎内閣の総辞職を受け、組閣の大命を受けたのは野党第1党の立憲政友会総裁、犬養毅である。

 元老の西園寺公望が参内し、犬養を次期首相に推薦したとき、昭和天皇は言った。

【連載】昭和天皇の87年