昭和天皇の87年

反乱軍が小銃を乱射 応戦した陸軍教育総監は、愛娘の前で殺害された

画=筑紫 直弘
画=筑紫 直弘

第118回 二・二六事件(2)

 夜明け前の帝都に、雪が舞っている。ビルも路地も白一色に染まり、しんと静まっている。

 昭和11年2月26日午前5時、東京・赤坂表町の高橋是清蔵相私邸-。周囲の静寂を、近衛歩兵第3連隊の下士官兵137人が破る。中橋基明中尉を先頭に、突撃隊20人余が内玄関を破壊し、邸内になだれ込んだ。

 蔵相の高橋は、2階の寝室にいた。それまでの人生を何度も転んでは起き上がり、日本経済も起き上がらせてきた「ダルマ」の高橋だが、このときは、階下に殺気だった将兵の声が響いても、布団から起き上がろうとしなかった。

 中橋ら将兵が寝室に入り込んできたとき、高橋は、薄目を開けてあおむけに寝ていた。中橋が「天誅(てんちゅう)!」と叫び、布団をはねのけたが、高橋は寝たままである。その腹部に向けて数発の銃弾が撃ち込まれ、軍刀が振り下ろされた。

 のちに中橋は、軍法会議でこう語っている。

 「高橋蔵相は遂に即死しましたが私が初め天誅と叫んでも高橋蔵相は布団の中で従容として薄く目を開き黙つて居りました」

【連載】昭和天皇の87年