平成 その先へ

「健」 悠々自適から生涯現役 充実した老後を求めて

 大手外資系企業などで勤務し、60歳過ぎで退職した酒井多恵子さん(62)は今春、人材派遣大手「パソナグループ」の中高年向け事業に採用され、「新入社員」として働き始めた。社員の業務を円滑化するコンサルティング。前の職場の経験を生かせる仕事だ。

 60歳を前に「職場の雰囲気的に居づらくなり」転職を決意。訪れたハローワークではパートタイムの仕事がほとんどで、時給も低かった。60歳から雇用形態が変わる風潮にも違和感を覚えていたが、たまたま見つけたパソナの募集が「経歴不問、定年なし」だったことから応募した。

【平成 その先へ】の記事一覧