昭和天皇の87年

盧溝橋事件の真相 日中戦争はこうして始まった

画=井田智康
画=井田智康

第131回 暗夜の発砲

 近衛文麿内閣の発足から1カ月余り、それは、錯誤と偶然が重なって発火した。1937(昭和12)年7月7日、中国・北京の南西約15キロ、永定河にかかる全長267メートルの盧溝橋が、事件の舞台である。

 この橋の北側の荒れ地で、日本の支那駐屯歩兵第1連隊第3大隊第8中隊が夜間演習を行っていた。月はなく、星明かりで橋の輪郭がかすかに浮かぶ暗夜である。午後10時半に前半の演習が終わり、中隊長の清水節郎が「集合」の伝令を仮設敵の陣地に送ったとき、その方角から軽機関銃の射撃音が聞こえた。

 訓練用の空砲だ。清水は、仮設敵が伝令を誤射したのだろうと思ったが、その直後、別の方角から数発の銃声がした。

 今度は実弾だ。危険を感じた清水が部下に集合ラッパを吹かせたところ、再び十数発の銃声が響き、頭上で弾丸がヒュンヒュンと風を切った。

 部隊を集めて点呼をとると、初年兵が1人いない。実弾が飛んできたのは、中国軍の塹壕(ざんごう)がある永定河の堤防付近からで、中国軍に銃撃されたか、捕虜にされた恐れもある。清水は伝令を駐屯地に走らせ、大隊長の一木清直に急報した。

 一木は勇猛果敢で知られる部隊長だ。大隊主力に出動を命じ、自ら現場に急行した。行方不明の初年兵は道に迷っていただけで20分後に帰隊したが、その報告を受けても一木は警戒態勢を緩めなかった(※1)。

 一木から連絡を受けたのは、第1連隊長の牟田口廉也である。のちに無謀なインパール作戦を強行したことで知られる牟田口は、勇猛というより蛮勇に近い。当初は交渉により不法発砲の責任を追及するつもりだったが、8日午前3時25分、再び中国側から発砲を受けたとの急報を受け、一木に攻撃を許可した。

 午前5時、大隊命令が下り、第3大隊主力が中国軍陣地に向かって前進を開始する。だが、交渉役として現場に到着した連隊付中佐の森田徹が、直前で攻撃を制止した。やむなく一木は部隊に食事休憩を与え、改めて攻撃の了解を得ようとした。

 そのときだ。第3大隊の動きに刺激されたのか中国軍が一斉射撃し、大隊側も応戦、なし崩し的に戦闘がはじまった。時に午前5時30分、盧溝橋事件である。

× × ×

【連載】昭和天皇の87年