なぜ大動脈の阪神高速を止めたのか 異例の判断、その理由は

G20大阪サミット 封鎖された阪神高速の入り口=27日午後、大阪市中央区(彦野公太朗撮影)
G20大阪サミット 封鎖された阪神高速の入り口=27日午後、大阪市中央区(彦野公太朗撮影)

 大阪市で28、29日に開催される20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせ、各国首脳らが大阪入りした27日、同市内を中心に大規模な交通規制が始まった。特に阪神高速は30日までの4日間、早朝から深夜まで封鎖状態が続く。大阪のみでなく関西の大動脈ともいえる阪神高速が止まれば、市民生活への影響は甚大だ。大阪府警内では、当初は、「少しでも規制を緩和できないか」という議論もあったが、過去に例のない会議の規模を考慮し、異例の判断が下された。

 27日午前6時ごろ、阪神高速環状線の入り口が一斉に封鎖。同市中心部約10キロを循環し、昼夜を問わず一般車や商業車が行き交う道路上から車が消えた。環状線とともに、関西国際空港から同市内に向かう阪神高速湾岸線も、日によって上下線の片方が早朝から深夜まで全面通行止めとなる。