昭和天皇の87年

敏速に動いた中国共産党 毛沢東は対日戦争を呼びかけた

蒋介石と毛沢東(画=井田智康)
蒋介石と毛沢東(画=井田智康)

第135回 檄文打電

 盧溝橋事件をめぐり、日本の政府と軍部が混乱の極みにあったことはすでに書いた。一方、中国側はどうだったか。意外にも、中国共産党は事件勃発後、敏速かつ計画的に動いたようだ。

 盧溝橋で日中両軍が衝突した翌日の1937(昭和12)年7月8日、毛沢東は蒋介石に打電した。

 「蒋委員長の高覧を仰ぐ。日本侵略者は盧溝橋を進攻し、その武力による華北奪取という既定の段取りを実行に移した。(中略)願わくば全国総動員を実行して、北平(北京)・天津を防衛し、華北を防衛して失地を回復されんことを。紅軍将兵全員が委員長の指導のもとで、国家のために生命を捧げ、敵に対抗して、国土と国家を防衛する目的を達成せんことを希望している」

 即時開戦を呼びかける内容だ。中国共産党は同日、中国全土の新聞社、各団体、各軍隊に向けても打電した。

【連載】昭和天皇の87年