昭和天皇の87年

近衛文麿の嘆き「兵がどこに行くのか少しもわからない…」

近衛文麿(画=井田智康)
近衛文麿(画=井田智康)

第141回 大本営政府連絡会議

 第二次上海事変で日中両軍が激突した昭和12年8月以降、首相の近衛文麿は不拡大の意思を持ちながら、中国側と交渉の糸口さえつかめないでいた。

 統帥権があるため陸海軍の作戦に全く関与できず、その内容も知らされていなかったからだ。華北でも戦火が拡大し、陸軍はズルズルと派兵を繰り返した。近衛は手記に、「(派兵しても)その兵が何処に行くのか、その後一体どうするのかは、少しも政府には判らぬ始末」だったと書き残している。政府がこんな状態では、交渉のしようがないだろう。

 戦争状態を終結するには、政府と軍部の意思疎通が欠かせない。そこで近衛が考えたのは、大本営の設置である。大本営は戦時における天皇直属の最高統帥機関だ。正式な構成員は参謀本部と軍令部の首脳のみだが、かつて伊藤博文が首相の立場で列席した前例がある。近衛は、大本営を設置したうえで自ら構成員に加わろうとした。

【連載】昭和天皇の87年