昭和天皇の87年

「国民政府を相手とせず…」和平を閉ざした近衛声明

画=井田智康
画=井田智康

第143回 御前会議

 昭和13年1月11日《午後二時、(昭和天皇は)御学問所において開催の支那事変処理に関する御前会議に臨まれる。(中略・御前会議には首相、外相、蔵相、内相、陸海両相、両総長、両次長、枢密院議長が出席し)支那事変処理根本方針を審議・可決する。ここに、国民政府の対応如何によっては事変解決を同政府に期待せず、新興支那政権の成立を助長するとした根本方針が決定する》

 昭和になって初の御前会議の様子を伝える、昭和天皇実録の記述である(25巻7頁)。議題は「支那事変処理根本方針」。すなわち日中和平工作についてだ。

 駐華ドイツ大使、オスカー・トラウトマンを仲介とする和平工作で、日本が一方的に条件を引き上げ、蒋介石政権(国民政府)の対応が大きく揺らいだ経緯は前回詳述した。日本の新たな条件に国民政府が何ら返答しないため、しびれを切らした首相の近衛文麿は御前会議の開催を奏請。このまま国民政府が誠実に対応しないなら「新興支那政権の成立を助長」し、それと和平交渉するという方針を決めたのが、昭和初の御前会議だった。