泰緬鉄道を走ったSL、靖国神社奉納から40年 「戦友たちの代表」100歳の元鉄道連隊大隊長が思い語る

靖国神社に奉納されて40年を迎えた蒸気機関車C56形31号機と泰緬鉄道の建設に従事した菅野廉一さん=31日、東京都千代田区(大竹直樹撮影)
靖国神社に奉納されて40年を迎えた蒸気機関車C56形31号機と泰緬鉄道の建設に従事した菅野廉一さん=31日、東京都千代田区(大竹直樹撮影)

 先の大戦時に旧日本軍によってタイ-ビルマ(現ミャンマー)間に建設された泰緬(たいめん)鉄道を走り、戦後34年たって日本に帰還した蒸気機関車C56形31号機が31日、靖国神社(東京都千代田区)に奉納されて40年の節目を迎えた。境内にある資料館「遊就館」で記念式典が行われ、鉄道建設に従事し、31号機の帰還に尽力した元日本陸軍鉄道第9連隊大隊長の菅野廉一(すがのれんいち)さん(100)=新宿区=が出席。産経新聞の取材に歴史の生き証人である31号機への思いを語った。(大竹直樹)

1年3カ月で完成

 泰緬鉄道は昭和17(1942)年7月、ビルマ戦線で、旧日本軍の人員や物資の輸送路を確保するため、建設が始まった。かつて英軍が建設を構想しながら断念した人跡未踏の山岳地帯。ジャングルを貫き、あまたの谷に木橋を架けていく。現地では、重機の代わりにゾウが使われた。