発達障害「生きづらさ」を生きる第3部(4)

感情爆発 家族は心身病んだ

 もぎ取られて床に落ちた電子レンジのつまみ、引きちぎられた洋服や下着-。東京都の主婦、佐久間優子さん(81)=仮名=は、朝起きてこうした“痕跡”を見つけるたび、ため息をつく。すべて夫の茂さん(84)=同=が壊したものだ。

 茂さんとは大学時代、趣味のスポーツを通じて知り合った。運動神経抜群で周囲からも頼られる姿にひかれて交際を始め、ほどなく結婚。数年後に茂さんは勤め先を辞め、デザイン関係の事業を立ち上げた。

《連載》発達障害「生きづらさ」を生きる
「発達障害『生きづらさ』を生きる」への体験談やご意見、ご感想を募集