昭和天皇の87年

動き出したソ連軍 天皇は陸相の“ペテン”に激怒した

画=井田智康
画=井田智康

第145回 張鼓峰事件

 朝鮮半島の北境、豆満江の河口から20キロ余り上流に、標高約150メートルの丘陵がある。朝鮮、満州、ソ連の国境が近接する地点で、その名を張鼓峰という。

 ソ連兵が張鼓峰の頂上に現れ、満州領の西側斜面に突如として陣地を築きはじめたのは、1938(昭和13)年7月9日のことだ。張鼓峰周辺の国境警備は朝鮮軍が担当している。日本の駐ソ大使館はソ連に抗議し、撤兵を要求したが、ソ連は自国領だと言い張り、かえって兵力を増強した。

 ちょうど1年前の盧溝橋事件で発火した日中戦争をめぐり、ソ連が中国を背後から操り、種々暗躍していたことは何度も書いた。そのソ連が、いよいよ自ら動き出したのだ。

 内閣改造を終えたばかりの近衛文麿内閣は動揺した。日中戦争の泥沼にはまりながら、対ソ戦をはじめる余裕はない。7月20日に関係閣僚が協議し、新陸相の板垣征四郎は現地軍の増強を主張したが、新外相の宇垣一成が首を横にふった。

 「防備の強化は必要だろうが、現地に集結した部隊が越境して攻勢に出る場合は、事前に閣議の承認を得てもらわねば困る。今は支那事変の最中だ。張鼓峰は外交的に片付けた方がよくはないか」

 陸士(陸軍士官学校)1期の宇垣と16期の板垣とでは、貫禄が山ほども違う。板垣は渋々うなずいた。

【連載】昭和天皇の87年