発達障害「生きづらさ」を生きる第3部(5)

障害の特性「強み」に変えた

ライブペイントで大阪・梅田の風景を描くAjuさん=7月28日、大阪市浪速区の「HOME HOSTEL OSAKA」(沢野貴信撮影)
ライブペイントで大阪・梅田の風景を描くAjuさん=7月28日、大阪市浪速区の「HOME HOSTEL OSAKA」(沢野貴信撮影)

 そびえ立つ高層ビル群、橋梁(きょうりょう)の上を走る電車や車-。細いペン先が生み出す黒の濃淡が、真っ白なキャンバスに大阪・梅田の街並みを次から次へと浮かび上がらせていく。

 大阪市浪速区のギャラリーで7月28日、発達障害のある女性画家、Aju(あじゅ)さん(30)=堺市西区=のライブペイントが行われた。思わず虫眼鏡でのぞきたくなるほど緻密な描写は、ビルの階層や窓数に至るまでモノクロ写真から切り取ったかのように正確だ。

《連載》発達障害「生きづらさ」を生きる
「発達障害『生きづらさ』を生きる」への体験談やご意見、ご感想を募集