昭和天皇の87年

日中戦争を扇動 ソ連のスパイとなった朝日新聞記者

画=井田智康
画=井田智康

第146回 ゾルゲ事件

 大阪朝日新聞上海特派員の尾崎秀実(ほつみ)が、ソ連共産党中央委員会所属のドイツ人スパイ、リヒャルト・ゾルゲに会ったのは1930(昭和5)年5月、満州事変が起きる1年半ほど前である。場所は上海の中華料理店「冠生園」。ゾルゲが言った。

 「日本の新聞記者として、集められる限りの内部情報を教えてほしい」

 尾崎は共産主義の信奉者だ。進んでゾルゲ諜報団に加わり、「オットー」の暗号名を与えられた。昭和7年に帰国した尾崎は、東京朝日新聞政治部に転属。上海から東京に拠点を移したゾルゲの右腕となり、諜報活動を本格化する。新聞記者の肩書を生かし、中国問題の専門家として政界有力者に接近した尾崎は、西園寺家嫡男の公一や朝日出身の風見章、そして近衛文麿の懐に潜り込んだ。

 昭和12年6月に近衛内閣が発足すると、朝日を退社して内閣嘱託となり、近衛のブレーンになる。日本の内部機密は、ソ連に筒抜けになったといえるだろう。