昭和天皇の87年

日本は「伝染病患者」!? 波紋を呼んだ米大統領演説

画=井田智康
画=井田智康

第147回 疑心暗鬼

 日中戦争が始まって以来、中国に利権を持つアメリカの対日感情が悪化したのは言うまでもない。日中が本格衝突した第2次上海事変勃発後の1937(昭和12)年10月5日、米大統領のフランクリン・ルーズベルトはシカゴで演説した。

 「不幸にも世界に無秩序という疫病が広がっているようである。身体を蝕(むしば)む疫病が広がりだした場合、共同体は、疫病の流行から共同体の健康を守るために病人を隔離することを認めている」

 ルーズベルトは、軍事色を強める日本、ドイツ、イタリアを「伝染病患者」にたとえ、「アメリカは戦争を憎む。アメリカは平和を望む。それ故、アメリカは平和を追求する試みに積極的に参画する」と、何らかの介入を示唆した。これが内外に波紋を呼んだ、「隔離演説」である。

 アメリカは当時、甚大な犠牲を強いられた第1次世界大戦への介入を失敗と捉え、孤立主義をとっていた。不況にあえぐ国内問題の解決を優先し、欧州で独伊の脅威が高まっても介入を避けていた。しかし「隔離演説」以降、徐々に風向きが変り始める。