昭和天皇の87年

内閣を投げ出した近衛文麿 「陛下はまことにお気の毒…」

近衛文麿(画=井田智康)
近衛文麿(画=井田智康)

第148回 汪兆銘工作

 蒋介石政権が拠点とする武漢三鎮を日本軍が攻略した後、昭和13年11月3日、首相の近衛文麿は内外に向け、「東亜新秩序建設声明」を発表した。いわゆる第2次近衛声明である。

 「帝国の希求する所は、東亜永遠の安定を確保すべき新秩序の建設に在り、(中略)固より国民政府と雖(いえど)も従来の指導政策を一擲(いってき)し、その人的構成を改替して更生の実を挙げ、新秩序の建設に来り参ずるに於ては敢て之を拒否するものにあらず」

 この声明で近衛は、「国民政府を相手とせず」とした同年1月の声明(第1次近衛声明)を修正した。暗示的な言い回しながら、蒋介石政権との交渉窓口を開こうとしたのだ。

 一方で近衛は、陸軍が進める汪兆銘工作にも期待を寄せた。蒋政権ナンバーツーの汪を担ぎ出して親日的な新政権を樹立させるという、一種の謀略である。むろん蒋の反発は必至で、第2次近衛声明とは矛盾した工作といえよう。

 昭和天皇は、汪兆銘工作には全く懐疑的だった。12月10日、内大臣に言った。

 「謀略などといふものは当てになるものぢやない。大体できないのが原則で、できるのが不思議なくらゐだ」

【連載】昭和天皇の87年