昭和天皇の87年

苦悩する保守 極秘の和平提案はアメリカに無視された

画=千葉 真
画=千葉 真

第151回 同盟問題(3)

 日本の進歩主義者や革新派は戦後、「反戦平和」を専売特許にしてしまい、保守派に「好戦的」とのレッテルを貼りたがる。先の大戦についても、保守派の責任が大きいかのような論説が散見されるが、むろん正しくない。

 ざっくり言ってしまえば、革新は理想主義であり、保守は現実主義である。前者が人間の知性や理性の力を信じ、社会の複雑な問題を特定の理念に落とし込んで単純化しようとするのに対し、後者は感性に重きを置き、社会の複雑な問題は複雑なままに、無理に解決を急がない。

 前者にとって宗教や慣習などの“呪縛”は変革(もしくは革命)の障害であり打破すべきものだが、後者は先人たちの歩みの中に生きるヒントを見いだし、宗教や慣習はもちろん、長年にわたり引き継がれてきた伝統を大切にする。

 前者、すなわち革新は社会を人為的、計画的にコントロールしたがり、究極には国家社会主義を志向する。しかし後者、すなわち保守は特定の理念に基づく統制に警戒心を抱き、自由な社会を志向する。

 ゆえに戦前の革新は、左であればソ連に、右であれば独伊のファシズムにシンパシーを抱いた。統制派が主導権を握った陸軍中央は、その典型といえなくもない。一方の保守は、共産主義にもファシズムにも否定的で、米英と手を結ぼうとした。昭和初期で代表的な保守派といえば、最後の元老、西園寺公望だろう。

 昭和14年に首相となった平沼騏一郎はどうか。ファッショに近いと西園寺からは嫌われていたが、根は紛れもなく、保守だったようである。

【連載】昭和天皇の87年