昭和天皇の87年

新聞があおった反英世論 海軍次官は遺書まで書いた

画=千葉 真
画=千葉 真

第152回 同盟問題(4)

 発端は1939(昭和14)年4月9日、中国・天津の英仏租界で、親日派の中国人官吏がテロリストに射殺されたことだった。

 租界当局などの捜査で容疑者4人が逮捕され、犯行を自供したので、テロ被害に苦慮する日本側は容疑者の引き渡しを求めた。しかし、イギリス側が拒絶したため、日本国内の世論は激高する。背中を押された現地の日本軍が6月14日に租界を封鎖し、出入りするイギリス人らの身体検査をはじめると、今度はイギリス国内が激高。日英両政府とも、過熱した自国の世論を抑えられない状況となった。

 昭和天皇は、日英関係の悪化を憂慮した。

 租界の封鎖など強硬姿勢をみせているのは陸軍だ。昭和天皇は6月14日、陸相の板垣征四郎に対し、《天津英仏租界の封鎖につき、徒(いたず)らに意地を張って対立することは不得策につき、解決の道を講じること、兵・憲兵・警察等の末端には意図の徹底が不十分につき、不意の事件が突発しないようすべきことを御注意になる》(昭和天皇実録26巻75頁)

【連載】昭和天皇の87年