昭和天皇の87年

ソ連軍を撃破した関東軍戦車部隊 名将ジューコフは狼狽した

画=千葉 真
画=千葉 真

第153回 大草原の激戦(1)

 1939(昭和14)年夏、満州とモンゴルの国境地帯、見渡す限りの大草原を流れる、ハルハ河東岸の無人の地、ノモンハン-。ここを互いに自国領と主張する満州国軍とモンゴル人民軍の小競り合いが、背後にいる関東軍とソ連軍の大衝突につながった。

 要因の一つは、前年夏の張鼓峰事件だ。圧倒的兵力のソ連軍を相手に、専守防衛に徹した日本の朝鮮軍が孤軍奮闘し、昭和天皇に激賞されたことはすでに書いた。しかし関東軍は、朝鮮軍が攻勢をとっていればソ連軍を撃滅できたと考え、自軍の勢力圏で挑発を受けたら断固とした措置をとると決心していた。

 関東軍の作戦参謀、辻政信が述懐する。

 「三対一の実力とはいえ『寄らば斬るぞ』の侵すべからざる威厳を構えることが、結果に於て北辺の静謐を保持し得るものであるとの信条は、軍司令官以下全関東軍の一兵に至るまで透徹していた」

 一方、ソ連軍は一大攻勢をかける機会をうかがっていた。とはいえ全面戦争にはしたくない。日本と防共協定を結ぶドイツが動けば、挟撃されて自滅するのは必至だからだ。関東軍に痛手を与えつつ、ほどよいところで停戦する、そんな魂胆のソ連に貴重な情報を与えたのは、東京のゾルゲ諜報団である。

 日本の政権中枢にまでスパイ網を張りめぐらせたゾルゲと、彼の右腕となった元朝日新聞記者、尾崎秀実らが集めた機密情報により、日本政府の内情はソ連に筒抜けとなった(※1)。

【連載】昭和天皇の87年