昭和天皇の87年

ナチス・ドイツの裏切り 「これで陸軍が目覚めるなら…」

画=千葉 真
画=千葉 真

第155回 独ソ不可侵条約

 満州とモンゴルの国境地帯の、見渡す限りの大草原で日ソ両軍が激突したノモンハン事件。敵の圧倒的機動力に仰天した陸軍が日独伊三国同盟の締結を急いだのは言うまでもない。

 ソ連軍の猛攻で関東軍が敗退するほぼ半月前、昭和14年8月8日に開かれた五相会議(※1)で、陸相の板垣征四郎は「ドイツが提案する三国同盟を、至急、留保なしで締結すべきだ」と力説した。

 ドイツの軍事力を味方につければ、ソ連を牽制(けんせい)する強力な後ろ盾となる。ただしドイツの提案はソ連だけでなく、英仏も攻撃対象としていた。それに留保をつけることは、昭和天皇に念書まで提出して裁可された不動の方針だ(※2)。首相の平沼騏一郎は突っぱねた。

 「自分としては、苟(いやし)くも一旦お上の御允裁を経てゐる既定方針以外のことを申上げることはできない」

 同意が得られなかった板垣は、驚くべき行動にでる。11日、駐日ドイツ大使と駐日イタリア大使に、「同盟の締結を実現せしめるために、最後の手段として辞職を賭して争う決意である。(中略)辞職は八月十五日にする積りだから、独、伊両国が譲歩によって援助を与えてくれるよう希望する」と申し入れたのだ。一国の大臣が他国の大使に倒閣の陰謀を打ち明けるなど、前代未聞の愚行と言えよう。

 だが、その後に世界中があっと驚くことが起きる。23日、ノモンハンで関東軍がソ連軍の猛攻にさらされている真っ最中に、ドイツがソ連と不可侵条約を締結したのである。

昭和天皇の87年