昭和天皇の87年

窮乏する国民生活 日米は危険な「無条約時代」に突入した

画=千葉 真
画=千葉 真

第157回 弱体内閣

 ナチス・ドイツがポーランドに侵攻し、欧州で第二次大戦の火蓋が切られた昭和14年、いまだ日中戦争の泥沼から抜け出せない日本の国民生活は、窮乏の一途をたどっていた。

 政府は2月、軍需物資の不足を補うため鉄製不急品の回収を開始、ポストやベンチが木製となる。3月、国民精神総動員委員会が設置され、ぜいたく全廃運動がスタートした。10月、インフレ抑制のため価格等統制令が施行、商品や運賃、賃料の値上げが禁じられたが、物資不足で闇取引が横行する。12月、ネオンやエスカレーターなどの電力使用が禁止され、木炭の配給もはじまった…。

 昭和天皇は心を痛めた。その頃から率先し、生活を切り詰めている。

 5月19日《(天皇は)時局を考慮され、金製品の使用を控えるべき旨の思召しにより、従来御使用の金縁の眼鏡をお止めになり、この日よりサンプラチナ縁の眼鏡を御使用になる》(昭和天皇実録26巻61頁)

 6月5日《葉山において採集に御使用の三浦丸は、支那事変以来、油の消費節約の思召しを以て、葉山には回航せず海軍横須賀工廠に依託保管中のところ、この際海軍において活用させるため、下賜されることとなる》(同巻69~70頁)

 9月1日《震災記念日につき例年御昼餐は簡素な御食事とされてきたところ、思召しにより、この日より毎月一日は朝・昼・夕を通じて一菜程度の極めて簡単な御食事とすることを定められる》(同巻110頁)

 物資の欠乏だけでなく、思想統制が強まったことにも、昭和天皇は憂慮を深めた。

 10月27日《(進講者の人選などをめぐり侍従長に)国史研究者につき、皇室に関することは何も批評論議せず、万事を可とするが如き進講は、聴講しても何の役にも立たずと評される。(中略)新経済学者などの極端な学説は、それに化せられる憂いがあり不可にして、穏健なる進講者にして各種学説を紹介する程を可とする御意見を述べられる》(同巻140頁)

昭和天皇の87年