昭和天皇の87年

戦争回避のラストチャンス!? 野村吉三郎の“湊川の戦い”

画=筑紫直弘
画=筑紫直弘

第161回 駐米大使

 阿部信行内閣で日米関係改善に努めた元外相、野村吉三郎は、昭和15年の夏を富士山麓にある知人の別荘で、家族とのんびり過ごしていた。海軍で大将に上りつめ、軍事参議官や学習院長を歴任し、そろそろ閑雲野鶴(かんうんやかく)の余生に入ろうかという境遇である。

 8月下旬の残暑の日、その野村のもとに、外相の松岡洋右から「お会いしたい」との電報が届いた。松岡は当時、日独伊三国同盟の締結に向けて奔走しており、いわば時の人だ。同盟に否定的だった自分に何の用だろうと、首をかしげて帰京した野村の自宅に、松岡が早速たずねてきた。

 「駐米大使に御苦労願いたい」

 野村は仰天した。松岡の三国同盟と、自分の日米親善とは、水と油である。とても務まらないと丁重に断った。だが、松岡はあきらめない。3日後に再び野村をたずねて大使就任を懇請し、同盟締結後の10月以降は、古巣の海軍からも次々と奮起を促してきた。

 野村は、首を横に振り続けた。自信がなかったのだ。短命に終わった阿部内閣で外相を務めたとはいえ、所詮は一介の武片。素人外交ではこの難局を乗り切れず、討ち死にするのは目に見えている。

 かたくなに拒む野村に、松岡が言った。

 「野村君、もう湊川へ行ってもいいじゃないか」

 絶妙の殺し文句だ。建武3(1336)年、後醍醐天皇に反旗をひるがえした足利尊氏の大軍が京都に攻め上ったとき、楠木正成は勝ち目がないと知りつつ湊川の戦いに出陣、天皇に忠節を尽くした。「湊川へ行く」の言葉に、野村はグラリと来た。

昭和天皇の87年