昭和天皇の87年

スターリンさえ手玉に…松岡洋右の“電撃外交”

画=筑紫直弘
画=筑紫直弘

第162回 欧州歴訪

 駐米大使の野村吉三郎が米首都ワシントンへ赴任する直前、昭和16年1月のことだ。疲労と心労から体調を崩し、自宅で寝込んでいた首相の近衛文麿のもとに、外相の松岡洋右が訪ねてきた。

 松岡は、見舞いの言葉もそこそこに言った。

 「欧州に行かせてほしい」

 近衛は困惑したが、無理に止めようとはしなかった。「松岡は言い出したらきかない」からだと、翌日、内閣書記官長に語っている。

 松岡は当時、焦燥感にかられていた。アメリカを牽制しようと日独伊三国同盟に踏み切ったものの、かえって対日制裁の拡大を招いた。ドイツの仲介で進めようとした対ソ交渉も、ほとんど成果を上げていない。そこで松岡は、自らベルリンに乗り込んで枢軸関係の強化を誇示するとともに、モスクワにも足を伸ばして不可侵条約を締結し、アメリカにさらなる圧力をかけようとしたのだ。

 万事に型破りな松岡の動向は、世界中が注目するところである。渡欧の準備を進めているとの情報は各国に伝わり、とりわけ米政府首脳の神経を逆なでした。大統領のルーズベルトは3月に行われた野村との2回目の会談で、「ヒトラーと松岡外相の写真が新聞に載れば、米国民を刺激するだろう」と、不快感を示している。それより前、野村も日米交渉に与える悪影響を憂慮し、しばらく渡欧を見合わせるよう、松岡に打電した。

 だが、「松岡は言い出したらきかない」。2月の大本営政府連絡懇談会で渡欧の了解を取りつけると、3月12日、自信満々の笑顔で旅立った。最初に目指したのは、モスクワである。

昭和天皇の87年