昭和天皇の87年

戦争回避の極秘工作 陸軍のスペシャリストが派遣された

画=筑紫直弘
画=筑紫直弘

第163回 日米諒解案(1)

 自信家の外相、松岡洋右とスターリンが合意し、日ソ中立条約が電撃的に調印される1カ月前のことだ。1941(昭和16)年3月14日、駐米大使の野村吉三郎と米大統領のルーズベルトが非公式に会談した。

 海軍出身の野村に、松岡のような駆け引きはできない。交渉を進めるにあたり、まずは言った。

 「自分は水兵の率直さをもってお話をするが、礼を失することあってもその点御容赦を乞う」

 ルーズベルトは、「君の英語は大丈夫である」といって笑った。

 野村は会談で、もしも日米が開戦すれば長期戦となり、仮にアメリカが勝ったとしても極東が不安定となるので、アメリカに不利であることを切々と説いた。ルーズベルトは、日米関係の重要性に同意したものの、日独伊三国同盟と日本の南進政策に、改めて危惧を示した。

 両者の主張に隔たりはあったが、野村の誠実さは、米首脳の心に届いたようだ。別れ際、同席していた国務長官のハルは満足の表情を浮かべ、こう言った。

 「当面の問題のため、日本からイニシアチブをとってくれないか」

 以後、イニシアチブをとるにあたり野村が目をつけたのは、米カトリック系メリノール宣教会などが進めていた日米和解工作である。

昭和天皇の87年