昭和天皇の87年

開戦まで「日本をあやしておける」!? 米大統領の非情外交

画=筑紫直弘
画=筑紫直弘

第167回 首相の覚悟

 都心のベッドタウンとして知られる東京都杉並区荻窪。JR中央線荻窪駅から徒歩15分、マンションが立ち並ぶ住宅街に、古風な日本家屋が数棟、木々に囲まれて建っている。戦前の首相、近衛文麿が居住した荻外荘(てきがいそう)だ。第二次近衛内閣が発足する直前の昭和15年7月19日、外相候補の松岡洋右と陸相候補の東条英機、海相候補の吉田善吾が荻外荘に集まり、大命降下した近衛と密談、日独伊の連携強化など外交の基本方針を決めた。有名な荻窪会談である。

 それからちょうど1年、昭和16年7月18日に発足した第三次近衛内閣に、松岡の姿はなかった。代わりに外相となったのは元海軍次官の豊田貞次郎。外交の専門家ではないが、駐米大使の野村吉三郎とは同郷(和歌山県出身)で、海軍兵学校の7期後輩でもある。この人事の背後には、外交の基軸を独伊から米英に移そうとする、近衛の覚悟がうかがえよう。