なくせ性暴力~子供たちを守れているか

(下)子供のころの性被害 守られない被害者

 中学校の男性教諭が、教え子の中学生にわいせつ行為をしたとして、札幌市教育委員会は今年1月、男性教諭を懲戒免職処分とした。行為は28年前だ。昨年12月の東京高裁判決で教諭の性的行為を認定したため、発生から長時間が経過してからの処分となった。

 「被害を受けた側が裁判まで起こさないと被害を認めてもらえない。長年、苦しめられた」

 28年前、被害を受けた東京都の写真家、石田郁子さん(43)はそう話す。

 石田さんが被害を受け始めたのは平成5年、札幌市の中学校を卒業する前の15歳のころ。相手は中学の美術担当で、当時28歳だった男性教諭(56)だ。