「ママ友」同士に浮かぶ奇妙な支配関係 福岡の5歳児餓死事件  

翔士郎ちゃんが見つかったマンション=福岡県篠栗町(小松大騎撮影)
翔士郎ちゃんが見つかったマンション=福岡県篠栗町(小松大騎撮影)

 福岡県篠栗(ささぐり)町で昨年4月、5歳だった男児を餓死させたとして、保護責任者遺棄致死容疑で母親の碇(いかり)利恵容疑者(39)と知人の赤堀恵美子容疑者(48)が逮捕された事件。複数の知人によると、碇容疑者は3人の子供に恵まれ、忙しいながらも育児を楽しんでいたという。だが、平穏な暮らしは「ママ友」の赤堀容疑者との出会いから暗転した。事件現場をたどると、奇妙な支配関係が生まれた背景が浮かぶ。(小松大騎、桑波田仰太)

 福岡空港(福岡市博多区)から東に車で約20分。福岡のベッドタウンとして人口約3万人が暮らす篠栗町は山々に囲まれ、閑静な地域が広がる。県道沿いに、碇容疑者が死亡した翔士郎(しょうじろう)ちゃんらと暮らしていたマンションがある。