音声ドキュメント 北朝鮮拉致報道

第5話 メディアが死んだ日

自民党幹事長、内閣官房長官などを歴任した実力者・梶山静六氏。梶山氏は1988年、国家公安委員長として北朝鮮による日本人拉致事件の存在を初めて認めた=96年撮影
自民党幹事長、内閣官房長官などを歴任した実力者・梶山静六氏。梶山氏は1988年、国家公安委員長として北朝鮮による日本人拉致事件の存在を初めて認めた=96年撮影

北朝鮮による拉致事件に迫った阿部の記事は黙殺された、世間から忘れ去られたが、表に出るタイミングが突然訪れた。昭和63年、1988年3月26日、参議院予算委員会(さんぎいんよさんいいんかい)。日本政府が、北朝鮮による日本人拉致事件を初めて認めたのだ。ただ、阿部はこの日を「メディアが死んだ日」と呼んでいる。なぜなのか。