花外楼の人・歳時記 記事一覧

  • 花外楼の人・歳時記 皐月

    百花の王 牡丹が咲く老舗料亭の初夏会員向け記事

     俗に「立てば芍薬(しゃくやく)、座れば牡丹」という。江戸時代から美女を形容するために用いられてきた表現で、芍薬も牡丹もともに春に咲く、大きな花弁をもった花である。

  •  大阪・北浜の料亭「花外楼(かがいろう)」では明治8(1875)年、日本の立憲国家の礎となった「大阪会議」が開かれた。その後も、政財界の要人がしげく足を運び、やがて、その敷居をまたぐことがステータスに…

  •  「登楼」という言葉があった。文字通り、大阪の老舗料亭、花外楼(かがいろう)に上がることで、初めて足を踏み入れることは初登楼、通う人のことは登楼者となじみ客は言ったそうだ。幕末の志士から明治の元勲、後…